2014年05月08日

高安山麓に佇む八尾市神立の風情

八尾市神立地区は山麓に心合寺山古墳がある他、高安地区の氏神「玉祖(たまおや)神社」がある集落です。山裾から眺めると瓦屋根が点在する風情のある集落が望めます。

003.JPG
心合寺山古墳

026.JPG
瓦屋根が点在する風情ある集落。八尾市神立地区

027.JPG
瓦屋根が点在する風情ある集落が望める八尾市神立地区。

十三峠を越える道路は「八尾十三峠線」が奈良県平群町に通じています。
やはり山裾には大阪経済法科大学がある。

029.JPG
高安地区の氏神「玉祖(たまおや)神社」が佇んでいる。

030.JPG

業平の高安通いで知られる神立茶屋辻もある歴史ある地区となっています。
神立茶屋辻から水呑地蔵院への歩道が通じています。
八尾にこんなところがあったのか。すこし驚きました。




「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッキー at 11:14| Comment(0) | 大阪東部