2013年12月17日

新大阪・江坂・千里中央が一直線に見通せる

梅田スカイビルからの望遠撮影の写真が残っていました。
撮影は前回と同じ、2010年8月です。
新御堂筋(国道423号)で、一直線に伸びる大阪の二つの副都心が江坂と千里中央です。
江坂はかつてダイエーが本社をおいていた拠点でした。万博後急成長した副都心でした。

0016.JPG
この写真には新大阪から千里中央まで写っています。その中間に江坂があります。
江坂東洋ビルと大同生命ビルは頂部が頭を見せています。おそらく標高が低い地形なのでしょう。
この写真でも、千里の手前あたりから山麓に傾斜になっています。千里の右上あたりの中腹に造成開発中の土地が見えます。彩都だと思います。

006ms.jpg
これは新大阪北口の宮原地区のビル群です。


関東系の企業・東急も大阪進出の足掛かりとして江坂に拠点をおきました。
ダイエー本社があったビルは江坂東洋ビル。大同生命も本社を土佐堀から江坂に移転、江坂に本社ビルを建設したのは昭和47年だった。当時の江坂は日の出の勢いがあった。

0017.JPG
この写真は、新大阪の東部です。ニッセイ新大阪ビルまで写っています。

千里中央の発展も万博後北大阪急行の駅が地下駅になってからだ。それに伴って中核地区は整備され「千里セルシー」を核にして、よみうり文化センター、大丸ピーコック、千里阪急ホテルなどが整備されていった。

0018.JPG

あと、淀川の上流方面です。手前に「ピアスタワー」大きく写っています。これもけっこう面白いです。
橋梁をたどってみると、細かいトラスが連続する城東貨物線の淀川橋梁も見えます。通称「赤川鉄橋」です。

001.JPG

最後は旧朝日放送跡地付近です。
旧ホテルプラザ、ローレルタワーサンクタス梅田、それにシティタワー西梅田のスレンダーな超高層です。



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッキー at 13:02| Comment(0) | 新大阪・宮原

2013年12月13日

3年前梅田スカイビルから、大阪駅新北ビルの建設と、梅田北ヤード先行開発が懐かしい

2010年8月31日に撮影した写真が使わなくなった古いカメラに残っていたのです。古いカメラを引っ張り出したら、画像が残っていたのです。

大阪駅新北ビルです。工事はすでに終盤になっており、梅田北ヤード先行開発区域が、この年の3月に着工しています。

005.JPG
大阪駅のノースゲートビルは完成に近づいています。

003.JPG
そして、梅田北ヤードが着工しています。Aブロックと呼ばれた敷地。

018 (2).JPG
これはBブロック・Cブロックも写っています。


梅田北ヤード先行開発区域はAブロック、Bブロック、Cブロックに分けて、それぞれが2010年3月着工されました。

002.JPG
これは平凡ですが、西梅田のビル群。手前に稼働中の梅田貨物駅が見えます。

わずかに3年あまり前の「グランフロント大阪」の様子です。たったの3年前なのに懐かしいような気分になります。

012.JPG

梅田スカイビルから、大阪湾が逆光に光っています。淡路島も見えています。
よく晴れた午後4時過ぎの撮影ですが、日の長い季節ですので、十分撮影可能です。



「都市の景観と躍動」トップに戻る

posted by マッキー at 00:04| Comment(0) | 梅田